スナックとは

夜の社交場
 『スナック研究序説―日本の夜の公共圏』著者:谷口功一(首都大学東京法学部 教授)によると、「スナック」と「常連客達」によって作られる関係性が、昼間社会の人間関係とは異なる別のコミュニティをつくりだす公共的な装置になっている。それは、夜の社交場、夜の公共圏。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です